スタッフインタビュー

サンカクキカクならではのインターンシップ体験をデザイン!先輩デザイナーたちの奮闘記【前半】

2022.12.09

99

※注:この記事は主に弊社のインターンシップ希望者に向けて書いており、準備の状況を全2回でお届けする予定です。

はじめまして!制作部の菊竹です。

普段はサンカクキカクでWebデザイナーとして働いています。

今回から全2回に分けて、インターンシップ準備状況をお届けすることになりました!

サンカクキカクでは毎年夏にインターンシップを実施しており、今年も希望してくれる学生を迎えて8月の後半に開催予定です。

1週間という短い期間になりますが、職場見学だけになるのは少しもったいないので、私を含め制作部門が主体となってインターンシップの企画を準備しています。

ということで早速ですが、インターンシップミーティングの過程をお伝えしつつ、今年のテーマを発表しようと思います!

[ 登場人物 ]

島田さん:制作部マネージャー。最近和菓子が好きらしい。

田中さん:グラフィックデザイナー。入社4年目。イラスト学び直し中。

菊竹:Webデザイナー。同じく入社4年目。図案文字にハマっている。

自身のインターンを振り返る

とある日のサンカクオフィス。

インターンシップに向けて企画を練ろうと、3人でミーティングが行われました。

話始めに過去のインターンシップ経験を振り返るメンバー一同。


島田:

「菊竹さんと田中さんって同期だよね?インターンシップってどんなでした?」

菊竹:

「そうですね….

私はインターンを複数受けてたんですが、基本的に業務のお手伝いといった感じでした。実務を体験してみるというような…。打ち合わせや撮影に同行させていただいたこともあります。」

田中:

「私も菊竹さんと同じ感じでしたね。実際に誌面デザインをやったりしました。」

島田:

「なるほどー。自分のインターンも大体一緒でしたね。アンケート集計とかやった記憶が…ある。2人はインターンシップを通してどんなことを感じました?」

菊竹:

「やっぱりリアルな現場の緊張感を感じましたね…。何社かお邪魔させていただいて、この会社はここを大事に仕事されてるんだな、とか。そういう会社ごとの理念を知ることができたのは大きかったです」

田中:

「私は率直に『仕事って大変だなぁ…』って思いました…(笑)当時は不安が多かったように思います」

菊竹:

「そういえばインターンで実務のバナー制作をした経験があるんですが、『ホントに世に私の制作物が発信されてしまう..!』みたいな、変な不安と高揚感がありましたね…」

島田:

「学校と実際の仕事のギャップを知れる貴重な機会でもあるよね。今回インターンシップに来てくれる人には、**”サンカクキカクだからこそ”**できることをぜひ体験してもらいたいすね。」

一同ささやかなノスタルジーに浸りながら、インターンシップの方向性をさらに考えます。


参加希望者の声を聞く

島田:

「インターン参加者の面談を行いました!それぞれインターンシップで体験したい事など色々ヒアリングしてます。メモ共有しますねー。」

菊竹 / 田中:

「お〜〜、ありがとうございます!」

〜〜〜面談議事録を読む 菊竹&田中〜〜〜

(ふむふむ…)

どのように地域と関わっているのか気になっています。

ふるさと納税やECサイトの知識を得たいです。学校でそういう授業がないので...。

卒業制作で農家のブランディングをする予定です。地元農家との事業があれば同行して卒制に活かしたいです。

現場にいないと分からないようなことを経験して、自分の成長に繋げたいと思っています。

(なるほどなるほど…)

菊竹:

「すごい、みなさんとても意欲的ですね!」

田中:

「ふるさと納税に興味持ってくれてる方もいますね!やっぱり全体的に現場感を知りたい印象を受けました。」

島田:

「今回は5日間の合同インターンなんで、要望全てを実現することは難しいですが…。できるだけ現場を感じてもらいながら、『地方』という軸で何かお題を出したいですね。内容練りましょう!」


インターンで大切にしたいこと。テーマ決めへ。

島田:

「個人的にはただ仕事を手伝ってもらうというより、きちんとフィードバックを返していきたいですね。それが何かしら参加者の成長につながると良いなぁ。」

菊竹:

「私たちが経験したインターンシップは基本お手伝いという感じでしたが、最後にしっかりとレビューがもらえるのは良いですよね。あとは技術より思考力が大事なこともあるので、ビジュアルだけじゃないところも伝えられると良いなと思いました。」

田中:

「学校の課題とはちょっと違う感覚にしたいですね。」

島田:

「参加者の皆さんに少しでも成長のきっかけをつくれるように、こっちも全力でインターンに参加するつもりでいきましょう!」

こうして今年のインターンシップテーマ、

「参加者をクリエイターとして1mmでも成長させる!」

が決定されたのでした。

(「成長させる」というワードに若干プレッシャーが走っておりますが頑張ります。)


そして、内容も考える…

島田:

「インターン期間も決まっているし….、限られた時間でできそうなことってなんだろうねぇ」

田中:

「あれとかですかね….」

菊竹:

「これとかどうです….?」

島田:

「それとか良いんじゃない…?」

・・・

というわけで、1時間のMTGで知恵を絞って全力を出し切った姿がコチラです。


8月まで自分たちの頭と身体が耐えられるのか若干心配ではありますが、がんばります!

ちなみに

インターンシップの課題内容は、次回の記事でチラ見せ予定です。お楽しみに!

・・・

最後にお知らせ!

今回、1週間のインターンシップに参加できない方は**”1Dayインターンシップ”**も開催いたしますので、ぜひそちらにご参加ください!

※内容は会社の雰囲気を感じていただく、2〜3時間のものを想定しております。

ということで、初回からボリューム満点の記事となってしまいましたが、

8月上旬にはインターンシップの準備状況vol.2を掲載予定です。

楽しみにお待ちください。

サンカクキカクでは、一緒に面白い日常をつくっていくメンバーを募集しております!

私たちのビジョンに少しでも共感していただける方はお気軽にお問い合わせください!